[氏名] 神長 広樹(カミナガ ヒロキ)

[現在の所属先(勤務先/大学、役職/研究科)] タリン工科大学修士課程電子政府学科(エストニア)

[卒業(修了)等年,所属(学群・学類,研究科名)] 2017年7月 社会・国際学群 国際総合学類卒

[留学期間]
2015年7月から2016年7月まで
(内交換留学はリトアニア、ヴィリニュス大学に2015年9月から2016年6月まで。前後の2015年及び2016年7月にエストニアにてサマースクールに参加)

[主なプログラム活動]
海外研修(バルト3国、10日間)
インターンシップ(Mažučiaiにある日本庭園)
経済フォーラム企画・運営(テーマ:珈琲と抹茶)

①現在のお仕事/研究について教えてください。

情報伝達技術(ICT)を用いて、政府や行政がどのようにしたらより効果的な公共サービス、あるいは政府間、行政間のサービス、諸外国向けのサービスを提供できるかについて電子政府先進国のエストニアで学び、研究しています。

エストニアの首都タリンにあるe-showroom。 授業では関連施設や主要人物から講義を受けることも。
エストニアの首都タリンにあるe-showroom。
授業では関連施設や主要人物から講義を受けることも。

②プログラムに参加した動機と、今改めてプログラムに参加してよかったと思うこと/留学して良かったと思うことを聞かせてください。

NATOのサイバーテロ対策本部があり、国家の電子化が急速に進むバルト3国は今後益々世界中から注目を浴びるだろうと予測したため。ただし、単に先端技術を導入すればいいというわけではなく、全国民にサービスが受け入れられるために“人”に焦点を当てたアプローチが1にも2にも大事だとプログラムにて痛感しました。社会というのは多様な構成員で成り立っており、それを理解するためにはもっと多くを学ぶ必要があると感じたことが、エストニアの大学院に進学するきっかけとなりました。

③留学中一番思い出に残っているエピソードを教えてください。

2015年10月31日。ロシア航空機墜落テロの後、ロシア語の授業が休講となりました。ロシア人の先生が同胞への悲しみの余り授業ができる状態ではなかったのです。

2015年11月13日、パリ同時多発テロ。そのニュースを聞いたフランス人であろう人が目の前で膝から崩れ落ち、悲嘆に暮れました。

こうした絶望的な事件は残念ながら日々世界のどこかで起きており、ニュースとして取り上げられ、ネットに記録されます。受動的に入ってきた悲しいニュースに人類はその博愛の精神をもって“Pray for X” と祈りました。東日本大震災の時は我々は祈られ、この時は“Pray for EU”が飛び交いました。

しかし、本来祈りとは出来得ることを全て成した上でその結果を“神”に祈るということではないだろうか。圧倒的な悲しみにくれる人を前にして私はそう思いました。そして、“今の自分には何もできない”という非情なまでの無力感を味わいました。 掛ける言葉も見つからなければ、対抗策も防止策も所詮絵に描いた餅止まり。

ただ、振り返ると、この時から態度や意識が自分の中で変わったように思います。まず世界を良く知ろうと桁違いに本を読むことを決めました。

リトアニアの首都ヴィリニュスにて行われた2016年欧州青年会議。 当時はEU分裂の危機が最高潮であった。
リトアニアの首都ヴィリニュスにて行われた2016年欧州青年会議。当時はEU分裂の危機が最高潮であった。

 

④将来の夢(目標や挑戦したいこと)を教えてください。

2017年のエストニアではICTの進展やGDPRを受けて既存の法律の7割が見直され改訂されました。7割です。既存の法律がテクノロジーの発展を阻むものであれば優秀な若者ほど国外へ流出してしまい、国家は貧しくなってしまいます。ICT化が我々の暮らしを変えていくスピードと同じように国家そのものもアップデートしていく必要があるのです。それが向かう先は超分散化されたものなのか、あるいは地理的にもサイバー空間上、海洋上、あるいは火星上といった従来とまったく異なる場所でコロニーとして存在するものなのかは見当がつきませんが、このような“人類の挑戦”に携わりたいです。

⑤本学と本学の学生に対してメッセージをお願いします。

留学中にのべ20人くらいにインタビューをし、100冊以上の本を読んだ経験が大きな資産として今に生きています。ソーシャルメディアへの“アリバイ工作”に励むよりも、現実社会とその裏に目を向けて、ないがしろにされがちな社会問題に正面から向き合うような“かっこいい大人”を一緒に目指しましょう。

最近の活動。 エストニアの首都タリンにて行われたLatitude59でボランティア活動をしてました。
最近の活動。
エストニアの首都タリンにて行われたLatitude59でボランティア活動をしてました。
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on VKPrint this page