[氏名]柚原 和佳

[所属]医学群看護学類

[派遣先(国・都市)]ロシア・モスクワ、ノボシビルスク

[派遣期間]2018年3月(10日間)

 

①研修に参加した目的を教えてください。

私は、以前から国際看護に興味関心がありました。今回の研修でロシアの医療機関の見学や医療教育について学ぶことで日本との比較ができ視野が広がり将来に生かせると感じたため参加しました。

②研修で一番印象に残っていること/場所を教えてください。

私が研修で一番印象に残っていることは、ノボシビルスク国立医科大学の学生とラウンドテーブルを行ったことです。英語で多くの学生の前でプレゼン発表を行ったのは緊張しましたが、日本の母乳育児支援に関する社会的支援について興味を持ってもらうことができ、現地の学生と交流することができました。

③研修を通してどのようなことを学んだか教えてください。

病院や教育機関、医療制度等も日本と違うことを実際に見学して学ぶことができました。歴史的背景や住んでいる人々、環境、文化、言語、街の様子などの文化的背景の違いも踏まえながら医療の交流や発展を深めていくことが大切だと学びました。

ノボシビルスクの学生と交流ノボシビルスク

 

 

 

 

 

ノボシビルスクにて学生と交流

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on VKPrint this page