[氏名]霜田 智成

[所属]医学群医学類

[派遣先大学(国・都市)] ロシア(モスクワ、ノボシビルスク)

[派遣期間]3/11/2018 -3/21/2018

[研修内容]ロシア海外医療視察研修(ロシア 10日)

① 研修に参加した目的を教えてください。

この研修について最初に聞いた瞬間から、参加してみたい!と思いました。アメリカ、カナダ、日本で育った僕は、元から海外の国々に強い興味を抱いていましたが、ロシアについては何もまだ知りませんでした。日本や北米に住んでいる限り、ロシアの観光地としての情報は得られますが、実際の社会や医療については良くわかりません。一体どの様な国・文化なのだろうか、ロシア人とはどの様な人達なのだろうか、ロシアの医療システムは北米や日本とどういった相違点があるのだろうか、と疑問に思いました。実際に訪問して文化、人々、医療に触れる事で、ExpectationとRealityの差を確認したいと思い、研修に参加しました。

② 研修で一番印象に残っていること/場所を教えてください。

一番印象に残っているのは、研修を通じて知り合った人々です。「ロシア人」と言うと、本、映画では冷たくて、取っ付きにくい雰囲気で表現される事が多いと思いますが、実際は正反対でした。ロシア語の美しい名前をもった彼等は、打ち解けようとさえすれば、心の通った関係を結ぶ事が出来、その優しさ、寛容さに毎日驚かされました。僕も、研修先の大学、病院の方々や、町の方々と、言葉の疎通は不十分でも、多くの事を語り合い、特に研修先の学生達とは友人となる事が出来ました。

③ 研修を通してどのようなことを学んだか教えてください。

ロシアの医学生は、勤勉な努力家です。ロシアの医学生は研究室に入るのが当たり前で、更にPirogov大学では Olympiadというイベントが毎年あり、生徒達が自分の研究を発表し、競うコンテストもあるそうです。

日本の医学部では付属病院がある事が当たり前の様になっていますが、ロシアの医学部には付属病院がなく、臨床実習の時には自分で病院に行かなければなりません。その病院も、やはり技術が発展している日本よりは古く、不便に思えました。

しかし、その様な環境でも、医学生の学ぶ態度や、病院で働く方々の姿勢は真剣そのもので、同じ医学を学ぶ僕達も負けないように頑張らなければと、研修を通じて思いを新たにする事ができました。

モスクワのモール(霜田)

 

【モスクワのモール】

 

 

 

 

 

 

ノボシバレエシアター

【ノボシビルスクのバレエシアター】

 

 

 

モスクワの夜景

 

【モスクワの夜景(ホテルから)】

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on VKPrint this page