2018年10月26日、筑波大学中央図書館集会室にて、北陸先端科学技術大学院大学グローバルコミュニケーションセンター教授 本田 弘之氏を招き、講演会「日本社会の公共サインの現状と課題~外国人の視点から点検する~」を開催しました。学生・教職員など約20名が参加し、現在日本の公共サインが外国人にどのように映るのか、今後どのように改善すべきか、などを学びました。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on VKPrint this page