筑波大学は、平成28年度から南コーカサス諸国(アゼルバイジャン、アルメニア、ジョージア)、モルドバの大学と学術交流協定を結び、本格的な交流を開始しました。今後のさらなる協力進展に向けて、各国の日本語教育・日本研究事情について紹介するシンポジウムを開催します。ご興味のある方は、ぜひご参加ください。

日時: 12月6日(火)16:45~18:30 (申込不要, 無料)
会場: 筑波大学 大学会館研修室J (9P209)
歓迎レセプション: 19:00~20:30
(申込制 一般3,000円/学生500円 参加希望者は11月24日(木)までに下記メールアドレスへ氏名・所属をご連絡ください)

info ## genis.jinsha.tsukuba.ac.jp
( ## を@に変えてください。)

● 発表者 (敬称略、発表順)

Yashar Ibrahimov (アゼルバイジャン言語大学日本語講師, アゼルバイジャン)
Rahman Shahhuseynli (ADA大学国際部長,アゼルバイジャン)
Lilit Tamrazyan (ロシア・アルメニア・スラヴ大学日本語講師,アルメニア)
Konstantine Tsereteli (トビリシ自由大学准教授,ジョージア)
Valeriu Binzaru, Sonoda Mihaela(モルドバ日本交流財団理事長/モルドバ国立大学大学院生,モルドバ)

主催:筑波大学 グローバルコミュニケーション教育センター(CEGLOC)
協力:筑波大学 大学の世界展開力強化事業(ロシア)「ロシア語圏諸国を対象とした産業界で活躍できるマルチリンガル人材育成プログラム(Ge-NIS)」、筑波大学地域研究イノベーション学位プログラム(ASIP)

問合せ: TEL 029-853-4251
Web http://genis.jinsha.tsukuba.ac.jp/

symposium1206-001

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on VKPrint this page