th_IMG_0324
アルマトイの戦勝記念公園にて

 

こんにちは、人文学類3年の中川雄太と申します。留学生活レポートの初回は、カザフスタンの新経済大学での留学生活を始めるにあたって僕が色々としたことを、エピソードを添えながら項目ごとに書きたいと思います。(おおかた実際に行った順番通りです。)

 

  • ケータイ購入
    まずはこれでした。学生寮に夜中に到着し、次の朝、まずは留学先の大学の担当者の方や筑波大学関係者に連絡をしようとしたのですが、宿舎のWi-Fiに接続できない…。(IDやパスワードを知らなかったので、それもそのはず…) その日は土曜日だったので、大学に行っても担当者の方はいないだろうと考え、まずは連絡手段を手に入れることを第一目標にしました。
    とはいっても、地図も持っていなければ、右も左も分からないアルマティの街…。そこでひとまず宿舎の管理人さんにケータイを売っている場所を尋ねたのですが、それなりに距離があるらしく、難解。結局、とある学生がショッピングモールまで案内してくれることに。本当に親切な学生に巡り会うことができて助かりました。どうにかこうにか連絡手段を手に入れ、必要な連絡を行うことができました。(ただ、ケータイの仕様の関係で日本語の文字は使えなかったけれども…)
  • 大学に行く
    当たり前のことなのですが、最初はこれにも少し苦労しました。宿舎から大学までは徒歩10分程度なのですが、路地が入り組んでいて、なかなか辿り着けず…。今思えば、まずは大通りの構成を理解すれば早く発見できたのですが。また、購入したケータイには「2GIS」という便利なマップがインストールされていたので、それで検索すれば一発でした…。このマップには日々お世話になっています。
  • 移民局での滞在登録【最重要】
    カザフスタンに入国する前に記入する小さな書類(“MIGRATION CARD to the passport”という書類です)の裏面にも注意書きがあるのですが、カザフスタンに滞在する人は到着日を含めて5日以内に移民局で必要な登録をしなければならないということが法律で定められています。カザフスタンに到着したら、これについてできる限り早く留学先の大学関係者に相談するべきだと思います。僕の場合、大学の担当者の方が代行して下さったので、自分で移民局に行くことはありませんでした。
  • 大学関係の健康診断と諸手続き、日本大使館への在留届の提出
    大学の方で移民局での滞在登録を進めて頂いている間、僕は怒涛の健康診断、諸手続きラッシュに追われていました。これらをこなすためには、様々な場所をまわらなければなりません。幸い僕は大学の事務の方から手助けをしてくれる学生を紹介してもらえたので、割とスムーズに終えることができました。その学生とは1ヶ月経った今では大の仲良しになりました。
    1人では厳しいと思った時は、誰か援助してくれる人を紹介してもらえるようにお願いするのは1つの手だと思いました。
    加えて、日本大使館へインターネットで在留届を提出しました。少し遅くなってしまいましたが…。汗
  • 生活に必要なものをそろえる
    宿舎の設備は(風呂の排水溝が初めから少し詰まっていたことを除いて…)抜群だったのですが、部屋には持ち込んだもの以外に何もありません。ベッドと冷蔵庫(←経済大の宿舎のすすめ)があるだけです。
    買い物に行かねばと思っていた矢先、筑波大学で知り合った学生からちょうど連絡がきて宿舎の近所の店をいろいろと紹介してもらえました。またまた現地の学生に助けられました。最近では、アルマティの歩き方が分かるようになってきて、買い物をするにも行動範囲が広がってきています。
  • グランドプールへの申し込み(おまけ、兼ちょっとした自慢)
    新経済大学の敷地内にはグランドプールという施設があります。プールとトレーニングジムが一緒になっている施設で、完成してから3年程度しか経っていないらしく、とても綺麗です。(ただ、個人的に言うとプールサイドにバーカウンターは要らない。)学生も手頃な価格(現在のレートで6ヶ月4万円ほど)で利用できます。また開館時間も、聞いたところによると9:00~23:00ととても便利です。
    最近僕も施設に申し込み、会員になりました。これからどんどん活用していきたいと思います。

この1ヶ月(たぶんこれからも…? 汗)、こちらの学生に助けてもらうことが多かったです。経済大の学生は(少なくとも僕が日頃接している学生は)、とても友達思いでフレンドリーな人たちです。いつかどこかで恩返しをしたいなと思いながら、日々お世話になっています。

 

以上、まとまりませんが、留学生活を始めるにあたって僕がした主要なことの報告でした。(実際、他にもたくさんしたことはありましたが…笑)

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on VKPrint this page