留学までのステップ

プログラム説明会・相談会

年に何回か、説明会・相談会を開催するので、ぜひお越し下さい。また説明会・相談会の開催時期以外にこのプログラムへの参加を相談したい場合は、お問合せページの連絡先にお問合せの上、プログラム事務室までお越し下さい。

応募・選考

通常、1年次の秋学期にプログラム生の公募を行います。応募締切までに、願書を提出してください。2年次から、プログラム生としての活動が始まります。

現在は、平成27年度にプログラム生となる第一期生、第二期生を募集中です。詳しくはこちら

選考は、成績(GPA)、語学力(英語・ロシア語)、プログラムへの適正等を基準として、書類審査、面接により行います。

渡航前研修

通常、大学2年次から3年次の春学期にかけて、留学をより効果的にするために次のような研修や講義に参加します。

  • 海外研修(1〜2週間)
  • つくばグローバルイノベーション科目履修
  • 留学前研修(危機管理、マナー研修など)
  • イベントや研修の企画/運営(つくば経済フォーラム、日本語・日本文化研修等)

短期留学

渡航前研修が終わったら、いよいよ1年間の留学です。
通常、3年次の4月には留学先が決定し、秋学期より留学を開始します。

留学先は、筑波大学が交流協定を締結している大学のうち、こちらに記載している大学です。留学中には留学先での授業のほか、海外インターンシップにも参加します。

帰国後研修

1年間の留学、お疲れ様でした!最後の仕上げとして、次のような帰国後研修に取り組みます。

  • 総合ビジネス研修
  • 留学成果報告会
  • 受入留学生チューター

卒業論文に取り組みつつ、それぞれ希望する進路を実現するために就職活動や公務員試験などに取り組みます。

留学費用

交換留学なので、留学中の学費は筑波大学に支払います。生活費は留学先の都市によって異なるので、目安の額を知りたい方は事務局までお問い合わせください。

奨学金

短期留学および海外研修の両方について、支給要件を満たす(GPA 2.3以上)場合は、
返還不要の奨学金(日本学生支援機構(JASSO)月額 指定都市10万円、指定都市以外7万円)
が支給されます。*別途書類の申請が必要です。

安全・危機管理

このプログラムで留学する場合、留学中のトラブルに迅速に対応するため、OSSMA(留学生危機管理サービス)、および留学保険(海外旅行保険)への加入を義務付けています。

OSSMA(留学生危機管理サービス)

治安は留学先の都市によって異なります。このプログラムが対象とする都市の中では渡航の延期を推奨されるような都市はありませんが、外務省や大使館発表の情報などを参考に、情報収集を心がけてください。

外務省 海外安全ホームページ

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on VKPrint this page